サイトマップ

大牟田市のおすすめ注文住宅会社 » 建材についての基礎知識 » 木材について(杉と桧)
  

木材について(杉と桧)

杉と桧とはどんな木か

まず、杉と桧とは植物としてどのような木なのでしょうか?ご紹介します。

杉の特徴

杉はヒノキ科スギ亜科スギ属の常緑針葉樹に分類される日本固有の木であり、本州北端から屋久島まで日本国内において幅広く自生し、北海道各地にも造林されています。日本国内に生息する木の中では最も樹高が高い木で、大きいものだと50m以上にまで大きくなります。

また、日本で最も長寿であり、樹齢が2000年から3000年と言われる杉が日本各地に生息しているのです。日本では最も多く植えられており、木材としての利用が最も多い木になります。

桧の特徴

桧はヒノキ科ヒノキ属の針葉樹の木曾五木の1つに数えられるひじょうに建築材として有用な樹種で、直径1mほど、高さは20mから30mほどにまで成長します。日本と台湾にのみ分布する木で、日本国内では本州中部である福島県以南から九州にまで分布しています。

日本において古くから宮殿建設用として最適な最高の木材として知られていました。その他にも仏閣や神社の木材として使われ、古くから最高の木材として重要な建築物の材木に利用されています。

桧は伐採後200年間は強くなり、その後1000年間かけ徐々に弱くなる性質があるとされており、桧は木材としての耐久性や保存性が世界最高レベルとなっています。

木材としての特徴

杉と桧について、どのような木かをご紹介しましたが、では木材として利用した場合、どのような特徴を持つのでしょうか?ご紹介します。

杉の木材としての特徴

杉はその割裂性の良さから巻割りのように割ることが可能で、角材や板材などさまざまな木材を作ることが可能です。そのため、現代にあるような木材加工用の機械がない古来でも製材が容易だったことから、重要な木材として重宝されていました。

また、杉は木材として柔らかい方に分類され、ノコギリのなどの手道具や電動工具でも簡単に加工ができ、木工経験のないような方でも加工することが可能です。

一方で、杉には特有の芳香があり、住宅の木材として使うことにより家の中で自然の香りを楽しむことができます。

材木としての色は辺材が白く、心材は赤から黒味がかった色となっております。桧に比べ柔らかいと言われていますが、その反面冬には住宅の中を温かく維持する効果を持ちます。

杉の心材は菌やシロアリに強いとされていますが、桧と比べると調湿性の方が優れていると言えます。ただし杉には材木によってその性能にばらつきが生じやすく、特に心材は水分が抜けにくく乾燥に時間と技術が必要になってきます。

杉の用途としては住宅用の木材の他に樽や桶、工芸品などの小物にも頻繁に利用されています。材木の性質上、基本的に柔らかいため硬度が必要な用途には向きませんが、それでも幅広い分野で使われています。

桧の木材としての特徴

カンナ等により表面の仕上げ処理をすると特有の芳香ときれいな光沢が出てきます。

木材の特徴としては心材の耐久性が高いこと、その中でも虫や菌等に対する耐性は高く、水湿に強い傾向があることです。伐採後200年程度は強度が上がり続けるとも言われており、耐久性における桧への信頼はとても大きいと言えます。

また、材木としての見た目や香りもいいとされており、辺材は白く黄色がかっており、心材はピンク色をしています。寺の建築などにも使える優良材として非常に重宝されています。

乾燥させやすく、粘りがなく硬い木材ではないことから加工もしやすく、割裂にも適しています。

木材としていい特徴を多く持つ桧は国内の針葉樹において第一級の良材として知られていますが、その一方ろくろ加工に向いておらずまた油分があることからサンダーがけなどには向いていません。杉に比べ一般的に材木としての強度は堅いとされております。

用途としては杉と同様に建材や内装材として利用されている他、風呂おけや彫刻、道具の柄や木槌等小物の材料としても使われています。世界最古の木造建築と言われる法隆寺でも桧が使われているのです。

杉と桧。コストが安いのは?

コスト的には杉の方が安い傾向にあります。その理由は材木として特徴にあります。杉も桧も材木としての特徴は似ていますが、桧の方が優れている傾向があり、また桧の方が希少性も高いと言えます。

まず耐久性と耐水性の観点で桧は杉に勝っています。また、杉に比べると密度が高く強度もあります。強度の分類として曲げと圧縮、そして引っ張りがありますが、全てにおいて桧は杉を勝っています。

桧の特性として、伐採後200年ほどは強度が上がり続けるという点も杉より材木として勝っていると言われる所以でしょう。

桧は杉に比べると成長に時間がかかり、杉は植林してからおよそ40年で材木として収穫できるまでに成長しますが、桧は50年から60年必要とします。杉はその成長速度の速さから戦後の殖産計画により多く植林されたため、資源量が多いのです。

手入れについても桧の方が手間を必要とします。商品価値を高めるため、間引きをすることで真っ直ぐな原木を育てたり、枝打ちを施すことで無節材を得たり、杉では必要としない手間が必要になるのです。

杉にも桧にも特有の香りがありますが、特に桧にはリラックス効果があり日本人に好まれる傾向にある点も、桧の価格を上げている理由と言えます。

ただし一般的に桧の方が高いと言うだけであり、産地や使用箇所によっては逆転し杉の方が高くなることもあります。最近では昔ほど桧も高価ではなくリーズナブルな価格で手に入るようになってきたため、壁材やフローリングに使用されることも増えてきました。

住宅の壁や床に使いやすい木材は?

杉と桧では、どちらが住宅の壁や床に使いやすい木材と言えるのでしょうか。杉にも桧にもそれぞれメリットとデメリットがあるので、その点を考慮して判断する必要があります。

杉は材木として調湿作用や断熱性のような優れた特性を持つ一方、傷がつきやすく、シミや隙間が生じやすい材木です。

一方で桧は優れた調湿性能の他、シロアリやダニなどを寄せ付けず、その強度の高さから傷がつきにくく、精油成分からリラックス効果まで得られます。

しかし、先にも述べた通り価格は一般的に杉より高く、水を吸うと変形してしまいます。先ほどはメリットとして紹介したその香りも、苦手な方からするとデメリットの1つとなってしまうでしょう。

住宅の壁や床は家づくりにおいてひじょうに大事な部分です。一度作ってしまうと作り直すのは大変な作業となってしまいます。住み始めて後になって後悔しないよう、自分の理想とする家を作るためには杉と桧、どちらがより適した材木かしっかり考えてから家づくりを進めるようにしましょう。

住宅に使うのであれば杉がおすすめ

木材としての性能は杉より桧の方が優秀と言えるでしょう。

しかし杉は桧に劣るとは言え、住宅の材木として使うには十分すぎる特性を持ち、なおかつその流通量の多さから安く手に入れることができます。

家づくりには住む際の住み心地や安心性も大事ですが、コストも大事です。コストとの兼ね合いを考えれば、杉の方が住宅に使いやすい木材と言えるでしょう。

しかし、先にも述べた通り杉の方が桧より安価なのは一般的な話であり、杉より安い桧も中にはあります。

また、コストがどれだけかかったとしても桧に拘りたいと言う人もいるでしょう。

各住宅メーカーで取り扱う材木もさまざまですので、担当営業と相談を重ね、どちらの材木を使った家づくりをするか考えていきましょう。

自然素材、RC工法、大手ハウスメーカーから選ぶ 大牟田市のおすすめ注文住宅会社3選
快適で、お洒落な
自然素材住宅
先駆建設
中心価格帯(延床35坪)
1,7502,100万円
施工例を見る
公式サイトへ

電話で問い合わせる

どんなデザインも
かなえるRC住宅
ISAHOME
中心価格帯(延床35坪)
2,4503,500万円
施工例を見る
公式サイトへ

電話で問い合わせる

知名度高、安定の
ハウスメーカー
一条工務店
中心価格帯(延床35坪)
2,1002,450万円
施工例を見る
公式サイトへ

電話で問い合わせる

子供の素足イメージ画像

家へのこだわり(自然素材、デザイン、知名度など)に応える大牟田の注文住宅会社を紹介!

大牟田でおすすめの
注文住宅会社
をチェックする