サイトマップ

大牟田市のおすすめ注文住宅会社 » 建材についての基礎知識 » 木造、鉄骨、RCについて
  

木造、鉄骨、RCについて

家の構造にはいくつか種類があります。最も一般的と思われるのは木造による建築ですが、その他にも鉄骨や鉄筋コンクリート(RC)により建設されています。では、それぞれの構造の特徴とメリットデメリットとは何かをこのページでは解説します。

なお、当サイトで紹介している工務店、ハウスメーカーは下記の会社をのぞき、すべて木造住宅です。

各構造の特徴について

まずは各構造の特徴についてご紹介します。

木造

柱と梁、筋交いを使うことで組み立てていく工法であり、鉄と比較すると加工が簡単なことから設計の自由度が高く、コストも安くなる傾向にあります。

その一方で柱と梁の本数が多くなることから間取りに制約ができるため、広い窓を取り付けるロングスパンの設計は不得意で、途中で柱や壁が取り付けられることになります。

鉄骨

鉄骨にはさらに分類があり、重量鉄骨造と軽量鉄骨造があります。その名のとおり、重量鉄骨造は太く大きい強度の強い柱や梁を使ったラーメン構造により、軽量鉄骨造は1つ1つは強度が弱く細い鉄骨を多く使うことで、それぞれ家としての強度を出しています。

軽量鉄骨造の方が使う柱や梁の本数が重量鉄骨造より多くなることから、大開口部が取りにくいなど設計の自由度がどうしても低くなってしまいますが、コストは安くなる傾向にあります。

鉄筋コンクリート(RC)

鉄筋の骨組みにコンクリートを流し込むことで作られ、高い防音機能を持ちます。建築費に加え解体費も高くなる傾向にあり、RCの家はどうしても重量物になることから地盤にも十分な注意が必要となります。軟弱な地盤には地盤改良や杭打ちが必要となります。

各構造のメリットデメリットについて

次に各構造のメリットデメリットについてご紹介します。住宅に採用する構造として適している構造はあるのでしょうか?

木造

木造における最大メリットは、他の構造と比較すると建築コストが安く抑えることが可能で、工期も短くすることができる点です。

さらに木材は鉄に比べる断熱性があり熱を通しにくいことから、外気温が建物内に入り込むのを防ぎ、暑い夏も寒い冬も外気温の影響を受けにくく過ごしやすい生活を送ることができるのです。なおかつ吸湿性が優れていることから湿気に悩まされることなく、住み心地もよい住宅を実現することができます。

梅雨の時期にも安心した生活が送れるため、日本の四季に適した構造と言えます。また、他の構造に比べると基礎工事を少なくすることができ、自由なレイアウトの家づくりが可能です。

一方で、デメリットは木自体の強度が鉄筋や鉄筋コンクリートより劣ることから、耐震性や耐久性、耐火性と遮音性に関して大きく劣るので、設計に注意が必要です。

また、他の構造にはない木造特有の問題であるシロアリ被害の恐れがあるため、害虫駆除対策が追加で必要になってしまいます。気密性も低く、鉄骨に比べると冷暖房の効きが一般的に悪くなってしまいます。

鉄骨

軽量鉄骨造と重量鉄骨造でそのメリットデメリットは変わってきます。

重量鉄骨造は軽量鉄骨造に比べると重量が重いため、地盤は強固でなくてはいけません。そのため基礎工事の費用が高くなり、建築コストを高くしてしまいます。

また、鋼材が厚くなることから熱伝導率も高くなり、夏は暑く冬は寒いと外気温の影響を大きく受けるようになり、住み心地が悪くなる傾向にあります。

しかし重量鉄骨造は複数の三角形を組み合わせることで建物の負荷を支えるトラス構造により比較的自由なレイアウトを作ることができます。その一方、軽量鉄骨造は柱と梁だけで強度を維持できないため筋交いによるブレース構造をとることからレイアウトの自由度は重量鉄骨造より劣ります。

また、軽量鉄骨造は部材がパッケージ化されているため建築コストを抑えることができ、工期も短くすることができます。しかし鉄は熱に弱いことから耐火性が低く耐久性も重量鉄骨造より弱くなります。

鉄筋についてまとめると、建築コストを取るのであれば軽量鉄骨造、自由度と建物としての強度を取るのであれば重量鉄骨造を採用することになります。

鉄筋コンクリート(RC)

鉄筋コンクリートは英語でReinforced Concreteと書くことから略してRCとも呼びます。

コンクリートは圧縮力が強く気密性が高いです。しかし引っ張りの力には弱いため、強い張力を持つ鉄筋をコンクリートに埋め込むことで、コンクリートと鉄筋2つの素材の強みを活かした構造を実現できます。その性能は高い気密性、断熱性と耐火性に優れ、木造や鉄骨より高い遮音性をえることができます。

デメリットはどの構造よりも建築コストが高くことです。鉄筋コンクリートは重量物であることから地盤は強固である必要があり、地盤が軟弱な場合には地盤を改良しなくてはいけません。

また、メリットである高い気密性は、デメリットにもなります。その高い気密性から屋内に結露が発生しやすく、換気システムの導入が必要でさらにコストが高くなります。建設費用同様に解体費用も高くなることも覚えておくべきでしょう。

各構造の住宅以外での実施例

各構造のメリットデメリットをご紹介してきましたが、住宅以外ではどのような建物に採用されているのでしょうか。

木造は日本において古くから作られているため、住宅以外でも多くの施工例があります。神社や寺、城などの他に今でも小規模アパートなどは木造で作られていることがあります。

重量鉄骨はその強度からビルや高層マンションのような大規模建築物で採用されることが多く、一方で軽量鉄骨は住宅の他には小規模店舗などでよく採用されています。

鉄筋コンクリートは木造や鉄骨よりも強度が高いことから、大規模なマンションに使われることが多いです。その他にも大型ショッピングモールや原子力発電所、大規模な橋にも同じ鉄筋コンクリートが使われています。

住宅として適した構造とは

日本では木造建築に人気があり、日本にある住宅の7割が木造で建築されると言われています。しかし、近年の阪神淡路大震災や東日本大震災、熊本地震などの大地震を経験し、住宅にも今まで以上に耐震性と強度が求められるようになってきています。

そこで、木造よりも耐震性に優れ、コスト面においても重量鉄鋼や鉄筋コンクリートよりも抑えられる軽量鉄鋼に注目が集まっています。軽量鉄鋼であれば木造よりも耐震性や耐久性、そして耐火性に優れ、シロアリのような害虫対策も不要です。レイアウトに関して不自由さはありますが、一戸建て住宅であれば遮音性も気にする必要もないため住むためには十分な性能を住宅に持たせることが可能です。

ただ軽量鉄骨造には一定以上の面積と平坦かつ形のいい土地である必要があります。そのような場合にはレイアウトの自由度が高い木造が適しています。また、軽量鉄骨造は3階建て以上の建物にも構造上適していません。

3階建て以上の住居を建てるのであれば、RCか重量鉄骨造が最適です。住宅性能に重点を置くのであればRCを、少しでも建築コストを抑えるのであれば重量鉄骨造で建てましょう。

どの構造にもそれぞれメリットとデメリットがあり、住宅は建てる人の求める仕様が人それぞれであることから、どれが最も住宅に適している構造であるとは断言できません。

自身が住宅に何を求めるのかしっかりと考え、自分の理想を実現するにはどこに重点を置くべきかしっかりと考えた上で、どの構造の住宅を建てるか決めましょう。そのためには家を建ててもらう会社の営業担当との綿密な打ち合わせが必要となります。

自然素材、RC工法、大手ハウスメーカーから選ぶ 大牟田市のおすすめ注文住宅会社3選
快適で、お洒落な
自然素材住宅
先駆建設
中心価格帯(延床35坪)
1,7502,100万円
施工例を見る
公式サイトへ

電話で問い合わせる

どんなデザインも
かなえるRC住宅
ISAHOME
中心価格帯(延床35坪)
2,4503,500万円
施工例を見る
公式サイトへ

電話で問い合わせる

知名度高、安定の
ハウスメーカー
一条工務店
中心価格帯(延床35坪)
2,1002,450万円
施工例を見る
公式サイトへ

電話で問い合わせる

子供の素足イメージ画像

家へのこだわり(自然素材、デザイン、知名度など)に応える大牟田の注文住宅会社を紹介!

大牟田でおすすめの
注文住宅会社
をチェックする