サイトマップ

大牟田市のおすすめ注文住宅会社 » 建材についての基礎知識
  

建材について

建材について詳しく知りたい方のために、木造とRCの違いについて、杉の特徴について、クロス以外の壁についてそれぞれご紹介します。各ページの概要を下記の通りご紹介します。

木造、鉄骨、RCについて

住宅の構造には木造、鉄骨、鉄筋コンクリート(RC)の3種類があります。各構造には特徴があり、木造にはコストの安さと設計における自由度の高さ、鉄骨は強度の高さ、鉄筋コンクリートは防音性などさまざまです。その各特長の中にはメリットの他デメリットもあり、その内容によってできる家にも違いが出てきます。各構造には住宅以外でも採用事例が多くあり、どのような建築物に各構造が採用されているかいくつか実例を見た後、住宅としてより適した構造はどれになるか、最後に考えていきます。

壁材について(漆喰、珪藻土、モイス)

現在、多くの家では壁材として、クロスという布張りのものが使用されています。一方で日本古来の漆喰、珪藻土も自然素材としてその優れた特性から近年見直されてきています。ただコストが高くなってしまうのが課題でしたが、そこでコストを抑えた新しい自然素材「モイス」というものも登場してきました。ここでは壁材についてその特徴や違いを紹介しています。

木材について(杉と桧)

住宅で使用される木材の中、特によく使用されるのが杉と桧です。一般的には桧の方が杉より高級なイメージがあり、桧を中心に展開するハウスメーカーもあるくらいです。一方で、杉には杉の良さがあり、住宅に使用するにはとても適した建材です。ここでは木材の中でも特に杉と桧の違いに焦点をあて、その特徴について解説しています。

日本の住宅には杉と桧が広く使われています。木材として似た性質も持つ2つの木ですが、異なる点もいくつかあり、その違いから値段にも差が生じます。本州北端から屋久島まで日本国内に幅広く自生し北海道では造林もされている杉は、桧に比べると成長速度が速く、戦後多く植林されたことから資源量も多いことから、一般的にコストが安くなる傾向にあります。

一方で本州中部から九州に分布している桧は、杉に比べると耐久性と耐水性に優れ、強度も高いです。またシロアリやダニを寄せ付けることもありません。材木としては基本的に杉より桧の方が木材として優れていると言えますが、その分コストも高くなってしまいます。杉と桧のメリットとデメリットからその住宅の木材としての使いやすさを考慮し、最終的にどちらが住宅に使う木材としてよりおすすめの木材と言えるか考えます。

自然素材、RC工法、大手ハウスメーカーから選ぶ 大牟田市のおすすめ注文住宅会社3選
快適で、お洒落な
自然素材住宅
先駆建設
中心価格帯(延床35坪)
1,7502,100万円
施工例を見る
公式サイトへ

電話で問い合わせる

どんなデザインも
かなえるRC住宅
ISAHOME
中心価格帯(延床35坪)
2,4503,500万円
施工例を見る
公式サイトへ

電話で問い合わせる

知名度高、安定の
ハウスメーカー
一条工務店
中心価格帯(延床35坪)
2,1002,450万円
施工例を見る
公式サイトへ

電話で問い合わせる

子供の素足イメージ画像

家へのこだわり(自然素材、デザイン、知名度など)に応える大牟田の注文住宅会社を紹介!

大牟田でおすすめの
注文住宅会社
をチェックする